SPYANGEL+DUSTで発表された楽曲で
バンドの移り変わりにより、改題やリニューアル、継続演奏された物を中心に
ライブ関連のデータを挙げてみました

■YU-JI楽曲の変革
SPYで演奏されていた「ドルネシア」はLOVE GLOVEで復活し演奏

SPYの「COMPLEX CITY」はLOVE GLOVEで「TRNSTIC NERVOUS BLUE」として復活

SPYの「FADE TO COLORS」はACTION BABYのライブでも演奏

ANGEL+DUSTの「憎悪に近いパルス」はLOVE GLOVEでも継続されてライブで演奏されました

ANGEL+DUSTの「Lady With Tears」はSPYで「変化球」と改題されライブで演奏。又、ACTION BABYのライブでも披露

ANGEL+DUSTの「17-seventeen-」はSPYでは「70」又、オリジナルのまま演奏
■YAYOI(弥生)楽曲の変革
LAZY-DAZYの「SONG FOR」は後にVice+riskで「Again」として復活

LAZY-DAZYの「Rain in the Night」はANGEL+DUSTの「Blue Shine」として復活

ANGEL+DUSTの「BELIEVE」はVice+riskのライブでも演奏

Vice+riskの「Dears」ではANGEL+DUST時代の楽曲から歌詞が再利用されています

※ANGEL+DUSTの「BELIEVE」「First Song Last Melody」はLAZY-DAZY時代の楽曲らしいのですが
 音源を聴いた事が無いので割愛しています
■ライブで演奏されたカヴァー曲
●ONEWAY STREET-ANGEL+DUST初期のライブで演奏。1stデモ「& Romance」にも収録。TRACYのカヴァー

●Rain Dance-ANGEL+DUST活動休止ライブで、YAYOI & YU-JIのアコースティック編成で演奏。KATZEのカヴァー

●Michell-ANGEL+DUST初のワンマンライブでYAYOIさんが弾き語り(...だったはず/笑)。KATZEのカヴァー
■ライブ時のSE
●Speed Home California-ANGEL+DUST後期に使用されたメンバー登場時に流れたSugar Rayの楽曲

●The look of love-SPYのライブで使用されているSE。ABCの楽曲(instバージョンを使用)




































<BACK>

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー